更新: 2009-12-13
 ◆ HDD⇒SSD換装パソコンの再塗装 お気に入りフリーソフト 第2種 電気工事士になろう! おしらせメール

TOP
 フォーマットをFAT32に変更してみました。  
format変換
nLiteで統合
AHCI driverの組込み
partition magicで
  1partitionに結合
FAT32ベンチマーク

 現在までSSDをNTFSで使用していて、プチフリもあるのかないのか分からない程度ですが
 FAT32の場合と比べてど〜なのか!実際にやってみんと分からんので変更してみました。
 
 
 partition magic 7でフォーマット変換  


 OSとかアプリとかの再インストールが面倒だったので、簡単にpartition magicで変換
 しようと思ったのですが、うまく変換できませんでした。

 partition magicの変換で FAT32を選択⇒変更を適応としても再起動時にERRORがでて
 結局もとのNTFSから変化なしです。Dドライブはたしか出来たはずなのに…

 いろいろ調べた結果↓

 

 6. 既知の問題(Windows NT/2000/XP のみ)

  Windows 2000 Professional の NTFS ファイルシステムを変換できない問題
 Windows 2000 Professional がインストールされている、NTFS パーティションを、FAT ま
 たは FAT32 に変換しようとすると、" エラー #1681" が表示され、変換できない場合があり
 ます。セットアップ時に NTFS でフォーマットされた Windows 2000 システムパーティ
 ションを、「ファイルシステムの変換」で FAT16、FAT32 に変換しようとすると、
 Error
1681, 1607, 1534 等のエラーが報告された後、リブートしても変更処理がされていな
 い状態
になります(PartitionMagic 5.00/5.01/6.00/7.00)。
 この問題は現在のところ解決されておりません。なお、FAT フォーマットでセットアップ
 された後、PartitionMagic や Windows 2000 Professional の convert コマンドで変換された
 NTFS について、この問題はありません。またシステム以外のパーティションについても問
 題はありません。

 詳しくは↓(PDF)
 http://www.netjapan.co.jp/link/P_powerquest/pm/V7/support/pmbmredm.pdf

 
 とのこと…
 最初にNTFSでフォーマットしてOSをインストールしたのが間違いのようです。NTFSで
 使用される方も、最初はFATでフォーマットがお勧めです。

 しかたがないので面倒ですが、最初からインストールすることにしました。
 ついでなので、nLiteを使ってセットアップディスクを作成することにします。
 
 
 
 
 nLiteでdriverを統合したインストールディスクをつくる。  


 私の持っている Windows XPディスクはSP2ですが、これをインストールすると後からSP3やら
 driver関係をたんまりインストールしなければならないし、なるべく余分なものを組み込まない
 でOSのクリーンインストールをしたいので「nLite」を使用してインストールディスクを作りたいと
 思います。

 ※CF-R3の場合CDドライブが外付けとなります。ブート可能な機種を持っているかたは
 良いですが、ブートできない機種で、Microsoftの起動FDDを作成して認識させる方は
 SP3を統合してしまうと、せっかくnLiteで作成したCDではインストールできなくなって
 しまいます。(Microsoftの起動用FDDは SP1 or SP2用で、SP3には未対応)

 
 最初にSP1 or SP2 のCDでインストール → その後 作成したCDで 修復の順でインストールは
 可能ですが、せっかくnLiteでクリーンインストールをめざしているのに、必要でないものまで
 インストールしてしまうことになってしまうのであまりお勧めできません。
 CDブートできない場合はSP3を統合しないであとからインストールするようにしましょう。

 


 Windows XP のインストール用起動ディスクは
 こからDLできます。→ http://support.microsoft.com/kb/880422/ja
 ご自分の version に対応したものを選んでダウンロードしてください。

 CDブートできなくて、新しくCDドライブ購入を考えている方…もしかすると
 CDブートできるかも???
 

 まずはnLiteを手に入れます。  


 ここからnLiteをダウンロードします。→ http://www.nliteos.com/  
 
 HotFixもダウンロードしたいので、便利な Windows Updates Downloaderを使用します。
 このサイトに行って[Program Files] の "Download WU240B1299Setup.exe"
 (バージョンによって数字は変わるとおもいますが)このちっこいソフトを落としてきます。

 Windows Updates Downloaderを起動すると下記の表示がでますので[OK]をクリック

 
 
 
 先ほどのWindows Updates Downloaderで [Update Lists(ULs)]を選択→[Language]を
 "Japanese"に変更→自分にあった"file"の "download"をクリック

 



 
 
 ファイル名が -jpn.ulzとなっているのを確認してダウンロードしてください。

 ※ブラウザが Fire-fox の場合、"Japanese"にしても jpn に切り替わってない
 場合があります。注意してください。

 


 保存→実行します。[OK]をクリック
 


 [OK]をクリック
 

 すると Downloader に下記のように表示されると思います。
 
 

 必要なものにチェックを付けて保存フォルダを決めてダウンロードします。
 デフォルトは"C:\MY-Document\Windows Updates Downloader"
 
 何をダウンロードするかですが、よくわからないので
 [コントロールパネル]→[アプリケーションの追加と削除]の更新プログラムの表示の□に
 チェックをつけて、表示されたものを参考にしてチェックをつけました。
 
   

 
 (参考までに…)  
×  Microsoft .NET Framework 1.1関係
×  Microsoft .NET Framework 2.0関係


○  Windows Internet Explorer 7 for Windows XP
×  Windows Internet Explorer 7 セキュリティ更新(KB956390)
○  Windows Internet Explorer 7 セキュリティ更新(KB961260)
○  Windows Internet Explorer 7 セキュリティ更新(KB938127-v2)

▲  Windows Media Player 11
▲  Windows Media Player(KB952069)セキュリティ問題の修正プログラム
▲  Windows Media Format Runtime


×  Windows XP セキュリティ更新(KB923789)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB951376-v2)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB954211)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB954459)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB954600)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB955069)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB956802)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB956803)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB956841)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB958644)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB958687)

○  Windows XP セキュリティ更新(KB951748)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB950974)
×  Windows XP セキュリティ更新(KB956702)
×  Windows XP セキュリティ更新(KB956760)

○  Windows XP セキュリティ更新(KB946648)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB938464)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB957097)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB951698)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB952954)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB953155)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB941569)
○  Windows XP セキュリティ更新(KB950762)

○  Windows XP Service Pack 3 Network Installation for IT Professionals and Developers
○  Windows XP Service Pack 3 セキュリティ更新(KB952069-V2)

×  Windows XP 更新(KB898461)
○  Windows XP 更新(KB955839)
×  Windows XP 更新(KB967715)
×  Windows XP 更新(KB951978)


○ Cumulative Security Update for ActivX Killbits for Windows XP(KB960715)

× windows Genuine Advantage Notifications(KB905474)

○ Outlook Express for Windows XP セキュリティ更新(KB951066)
 
   
------------------------------------------------------------------------------------------------  
 私の場合こんな感じですが…本当に必要なのか??????

 ※沢山チェックをつけるとダウンロードにかなり時間がかかってしまいます。
 すでに、SP3他 がある方はそのチェックを外してダウンロードしてもかまいません。
 
 
 
 nLiteでAHCI driverの組込み  

 XPの環境ではSSDに書き込む速度が制限されSSDの能力が十分発揮できません。
 SSDの機能を十分に発揮させるために AHCIdriverをインストールします。
 
 通常AHCIdriverは Windowsセットアップの途中で F6キーを押してフロッピーディスクから
 読み込まなければならないのですが、最近はFDDドライブが標準でついていないPCが増えて
 きました。そのためにドライブを準備するのは大変なので nLiteでインストールCDに組み込
 んでしまえばインストールずっと楽になります。

 そこで テキストモードdriverの組込みをやってみました。

 ※CF-R3のチップセットはAHCI未対応ですので、やっても意味がありませんし、インストールの
 ときエラーが発生すると思います。

 
 ※AHCIはチップセット、BIOS、SSD(HDD)全て対応していないと使えません。
 
 
 AHCIドライバ対応機種(Panasonic)
 


 CF-W7シリーズ以降
 CF-T7シリーズ以降
 CF-Y7シリーズ以降
 CF-R7シリーズ以降
 CF-F8シリーズ
 

 
   
 AHCIドライバを入手する  


 自分のパソコンのドライバが入っているフォルダに[TXTSETUP.OEM]があればそれを
 利用しますが、ない場合メーカーのサイトからダウンロードしてきます。
 インテルの場合は 「インテルHP」の インテルR マトリクス・ストレージ・マネージャー
 でOSを選択表示された中の「ユーティリティ、ツール、サンプル」「2.32ビット
 ・フロッピー設定ユーティリティー」をダウンロード。
 

 
 
 Go!  
 

 任意のフォルダに解凍保存しますが、フォルダ名は半角英数字で作成してください。
 (nLiteで読み込みができません。)
 windowsの場合デスクトップも半角英数字ではないため、使用できませんのでrootの
 \Cに半角英数字でフォルダを作成するとよいと思います。

 機種によっては、FDDにしか展開できない場合があります。そのときは仮想フロッピー
 ディスクドライブを使用すると便利です。仮想フロッピーディスクはこちらから。
 

 
   
 nLiteをインストールします。  


 nLiteをインストールします。(Ver1.4.9)

 ※インストール時にLanguageにチェックを入れておけば、起動時に日本語を
 選択することができます。(インストール時は日本語の選択はできません。)

 

 

 ※nLiteの使い方は こちらに 詳しく、わかりやすく、丁寧な解説をされている
 サイトがありますので、AHCI driverの組込みのみ説明します。

 
 

 
 nLiteで Textmodeドライバを統合します。  
 nLiteのドライバ統合時に先ほど解凍したフォルダを追加すると下のように表示されます
 ので「Textmodeドライバ」を選択して必要な統合オプションを選択し、「OK」を
 クリックします。
 後は通常の統合作業ですので、説明は省きます。
 

 
  インストールディスクが出来上がったらそのディスクを使ってインストールです。
  当然FAT32で FORMATをして新規で!
 
 
 
 Partition Magic 7.0で パーティションの結合をします。  
 
 現在のパーティションはこんなの↓
 
 
 SSDは書き込み回数に制限があるのでなるべくまんべんなく利用するために1パーティション
 に変更します。

 最初から全部1パーティションでFORMATしとけば、こんな作業はいらないんですが
 ま!何事も経験とゆーことで… (^_^;)
 

 
 Partition magic を立ち上げて、[パーティションの結合]でウイザードにしたがって
 最後に変更の適用をクリックすると、2回ほどWindowsが再起動して最終的に1パーティション
 になったWindowsが立ち上がります。
 
 

 
 1パーティションになりました。↓ 便利ですね  
 
 
 
 FAT32(SSD)でのbenchmark  


全くの同条件ではありませんがNTFSと比べて---

 
 benchmark  
 
<READ>
<WRITE>
   
seq
+1.46
+6.77
 
512K
+1.84
+6.73
 
4K
+0.42
+0.285
 
       
       
       
       
       
       
       
   

 READ に関しては、あまり変化ありませんが、WRITEは多少改善されました。
 ここまで苦労してやるかいがあるのかどーなのか?
 体感的にはあまり変わらないのが実情ですが、FAT32にするとプチフリが改善される
 との話もありますので、プチフリの発生している方はやってみる価値があるかも???

 
   

 
         
Ochibi-net